大きな買い物は妥協しない

人生で大きな買い物は私の場合は家です。結婚した時にはぼろい社宅に住んでいました。転勤族で少し新しい社宅もありましたが,基本的には満足する住まいではありませんでした。快適に暮らすために努力はしていましたが,友達の新築のマンションなどに行くととても羨ましく思っていました。

私はインテリアコーディネーターの資格も取っていたので,家にはこだわりを持ちたいと思ってました。社宅に住んでいる間に住宅資金をコツコツ貯めました。結婚して10年過ぎた頃にやっと家の話が出ました。最初はマンションなどモデルルームなどに足を運びました。でも10年以上集合住宅に住んでいたので,終の棲家としてはあまり満足する物件はありませんでした。

最終的には自分たちで家を建てることにしました。家を建てるまでに2年の月日を費やしました。家相などを占ってもらったのもありますが,建てる時期や引っ越す時期なども決めました。

実際に家を建てるとなると,土地から家を建てるのにどこに頼めばいいのか悩みました。大手のホームメーカ,地元の工務店,または建築士に個人的に頼むなど・・家を建てるのにはお金もかかりますが,かなり勉強も必要でした。

やはり人生で大きな買い物なので失敗はしたくなかったので,慎重に事を進めていきました。最終的には土地も決まり大手のホームメーカーにしました。理由は保障があるということと,耐震性などやはり信頼出来ると思ったからです。候補の中では一番値段の高いものになってしまいました。

せっかく大手のホームメーカーで家を建てるのだからこだわるところはこだわりました。私の場合は床材などは一階は全部無垢の床にしました。色々な種類があり迷いました。また照明にもこだわりがあり,北欧風を目指していたので今考えるととても高い買い物でした。家を建てる時は金銭感覚が少しおかしくなっているのかもしれません。

すべてのものにオプションをつけると金額が跳ね上がりますし,かといって倹約ばかりしていて満足しない家が出来上がっても,それは後悔が残るのでバランスが大変でした。結局考えて始めてから2年,着工してから入居するまで半年以上の歳月がかかり,勿論貯金も使い果たしましたが,無事に満足する家を手にすることが出来て今でも毎日が幸せです。大きな買い物には妥協しすぎないことは大切だと実感しました。

購入後、大金が必要になることがありましたが、頭金を払ったばかりでまとまったお金はありませんでした。そんなときに助けてくれたのが大口ローン。困ったときにローンにたよるのも仕方ないですよね。

足と脇の毛を脱毛したい

いきなりですが、私が脱毛したいのは、まず足です。

特にすねです。冬は靴下やタイツ、ズボンを履いたりするので特に気になりませんが、夏になるとスカートを履いたり、短いソックス、裸足のことが多く、気になります。

ストッキングを履くと、色が薄いものだとうつってしまうので、恥ずかしい思いをします。

かといって、自分で剃ったあとに、お風呂に入るとしみるので、それも嫌です。

以前、10歳の離れた兄に、剃らないの?と言われたことがあって、それ以来気にするようになりました。

ある番組で、剃らなければいずれ薄くなる、つるつるになると言っていたのが気になってます。

本当なのでしょうか?

剃るのではなく、抜いたほうがいいという情報もありました。真偽は定かではありません。

でも、白髪は抜くと増えるということも聞いたことがあって、どうしたら最善なのかよく分かりません。

最も面倒なのが脇です。脇も冬は放置しています。夏は半袖やノースリーブになるので要注意です。

足のすね毛より恥ずかしいです。

脇はいつも抜いています。根っこから抜いたほうが次に生えてくるのが遅いと勝手に自分で思っています。

でも、ピンセットで抜いているので、よく肉を挟みます。それが、強烈に痛いです。よく赤くなります。

鏡を見ながらするのですが、反転しているせいか思ったところが抜けません。

それで、よく挟みます。

短い毛だと特にです。ガムテープも考えたことがありますが、結局抜き残しがあるので、ピンセットが確実です。

友達の中には、夫にしてもらうという人がいましたが、恥ずかしくって絶対考えられません。

機械という手もありますが、しょっちゅうするものではないかと思いますし、高いので今だに手が出ない状態です。

みなさんはどうしているのか気になります。

急に水着になるとかお風呂に入るとかな状況になってもいいように、夏は特に毎日気を張っていないといけないのかと思うと、大変です。

年をいくとほっとけば生えないよと言われましたが、何歳になったらいいの?という感じです。この際脱毛サロンで脱毛してしまうのがいいのかなと思っています。私の住んでいる小倉でどこがいいのか調べてみました。→医療レーザー脱毛小倉

やはり医療レーザー脱毛のほうがいいなと思いました。

みつばちの里

人は毎日食事をしなければならない。それなのに食べ物がどの様に作られているか知っている人は少ない。
食べる人の顔が見えないから生産者が安全を考えず農薬を大量に使い、見栄えの良いものを作る。
作る人の顔が見えないから安くて見てくれの良い野菜を買って体調を崩す。
みつばちの里はそんな切れてしまった生産者と消費者を繋ぐポータルサイトです。
死んでしまった土壌で農薬を使い、形だけ整った野菜が本当に安全でしょうか?

≪有機栽培・有機農法紹介≫

有機栽培とは自然や生物を生かしながら、生き物の力を利用して農業を行うことです。
農薬や化学肥料を使うと昆虫や微生物が死に、彼らの役割を補うため、
さらなる農薬や化学肥料を使わないとならなくなる悪循環が起こり、最終的には土が死滅します。
生き物の食物連鎖や発酵を利用することで、農薬や化学肥料をゼロに近づける有機栽培は、
食の安心安全だけでなく農作物の食味も良くなります。

≪ミツバチ認証とは≫

ミツバチの里ポータルを一過性で終わらせず、継続を考える際に欠かせないのが遊び心である。
何にせよ楽しくないことは長続きしないし、誰も関心を寄せない。
この基本的な考え方を踏まえた上で、「みつばちマーク」制度の構築、そして推進、さらに機能充実が急務である。
とはいえ、あまりに設定を厳しくしすぎれば、一部の意識の高い個人・団体・地域に適用範囲が限られてしまう。
一定の普及をめざし、認知度を高めるには少なからず柔軟性が必要との展開方針のもと、みつばちマークの基準をを以下のように定めるというもの。

≪茨城県稲敷市の生産物≫

稲敷市は2005年3月22日に江戸崎町、新利根町、桜川村、東町が合併してできた、豊かな自然環境と温暖な気候に恵まれた水と緑にあふれた田園都市です。
茨城県の南部に位置し、霞ヶ浦や利根川、新利根川、小野川などに代表される豊かな水辺環境があり、霞ヶ浦ではボートや釣りなどのレジャーが盛んです。
また、霞ヶ浦の水辺には和田岬や妙岐の鼻など釣りやキャンプ、バードウォッチングなどの拠点となる環境があり、稲波地区に飛来する国指定天然記念物のオオヒシクイ、浮島地区の妙岐の鼻で見られるコジュリンなど、野鳥の種類も豊富です。
また、稲敷台地には、平地林などの山林が比較的多く残され、水辺を中心とした自然環境と合わせ、四季を通じて固有の良好な景観を醸し出しており、人々の生活にうるおいを与えています。