大きな買い物は妥協しない

人生で大きな買い物は私の場合は家です。結婚した時にはぼろい社宅に住んでいました。転勤族で少し新しい社宅もありましたが,基本的には満足する住まいではありませんでした。快適に暮らすために努力はしていましたが,友達の新築のマンションなどに行くととても羨ましく思っていました。

私はインテリアコーディネーターの資格も取っていたので,家にはこだわりを持ちたいと思ってました。社宅に住んでいる間に住宅資金をコツコツ貯めました。結婚して10年過ぎた頃にやっと家の話が出ました。最初はマンションなどモデルルームなどに足を運びました。でも10年以上集合住宅に住んでいたので,終の棲家としてはあまり満足する物件はありませんでした。

最終的には自分たちで家を建てることにしました。家を建てるまでに2年の月日を費やしました。家相などを占ってもらったのもありますが,建てる時期や引っ越す時期なども決めました。

実際に家を建てるとなると,土地から家を建てるのにどこに頼めばいいのか悩みました。大手のホームメーカ,地元の工務店,または建築士に個人的に頼むなど・・家を建てるのにはお金もかかりますが,かなり勉強も必要でした。

やはり人生で大きな買い物なので失敗はしたくなかったので,慎重に事を進めていきました。最終的には土地も決まり大手のホームメーカーにしました。理由は保障があるということと,耐震性などやはり信頼出来ると思ったからです。候補の中では一番値段の高いものになってしまいました。

せっかく大手のホームメーカーで家を建てるのだからこだわるところはこだわりました。私の場合は床材などは一階は全部無垢の床にしました。色々な種類があり迷いました。また照明にもこだわりがあり,北欧風を目指していたので今考えるととても高い買い物でした。家を建てる時は金銭感覚が少しおかしくなっているのかもしれません。

すべてのものにオプションをつけると金額が跳ね上がりますし,かといって倹約ばかりしていて満足しない家が出来上がっても,それは後悔が残るのでバランスが大変でした。結局考えて始めてから2年,着工してから入居するまで半年以上の歳月がかかり,勿論貯金も使い果たしましたが,無事に満足する家を手にすることが出来て今でも毎日が幸せです。大きな買い物には妥協しすぎないことは大切だと実感しました。

購入後、大金が必要になることがありましたが、頭金を払ったばかりでまとまったお金はありませんでした。そんなときに助けてくれたのが大口ローン。困ったときにローンにたよるのも仕方ないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です